つわりに耐えながら二度目の妊娠中、旦那は浮気していました

流産を乗り越えて二度目の妊娠した時、夫は浮気していました

私が夫に浮気をされたのは、今から2年前のことです。私は、1度目の流産を乗り越え、ようやく2度目の妊娠をすることができたというときのことでした。2度目の妊娠は、少しつわりもあり、お腹を下したり、頭痛があったりというような日々を繰り返していました。体調がおもわしくない日々が続く中で、仕事もしていたので、徐々にストレスがたまり、夫に当たってしまう日が多くなってしまいました。
夫との会話が減ってきたかなと意識したことはそれほどなかったのですが、ある日気が付くと、夫が夜通し携帯で誰かにメールを送っているような様子があり、脱衣場まで携帯を持ち込むようになっていました。メールを打っているときの夫の様子は、とてもうれしそうで、今までになかった脱衣場まで携帯を持ち込むという行為は、とても怪しく見えました。
そのような夫の様子が何日も続き、ある日私は夫の携帯をチェックしようと考え着きました。そのような行動があるまでは、夫婦と言えどもプライバシーがあるので、携帯を盗み見るようなことはしたくないと思っていたのですが、あまりにも夫の様子がおかしいので、不安な気持ちを抱えたまま妊娠生活を送りたくないという思いから、携帯をチェックすることにしました。
メールを見てみると、特定女性との熱いやりとりが交わされていました。私といるときにも、彼女のことを考えていたようで、相手に思いを寄せる内容が見つかりました。私には、出張になったと嘘をつき、泊まりがけで会う約束もしていました。
軽い気持ちでメールを見たので、メールをしているだけならもう少し様子を見ようと思っていたのですが、泊りがけで会う約束までしていたので、これは早くなんとかしなくてはいけないと感じました。
夫にすぐさま問い詰めると、彼女との出来事を正直に話し始めました。既婚者と知りながら、女性のほうから思いを寄せていたようで、最初は抵抗していた主人も、女性の押しに負けてしまったということでした。
夫から打ち明けられてすぐは、状況を把握することにいっぱいいっぱいで、夫の謝罪を受け入れることができませんでした。二人の思い出の品や写真も処分しようとまで考えていました。しかし、何度も何度も夫からの謝罪があり、話し合いを重ねるうちに、少しずつこれからの子どものこと、家族のことを考える余裕が出てきました。
浮気されたときには、相手が何度も浮気をしていない限り、すぐには受け止めることができないと思います。しかし、配偶者との人生を今後も考えているならば、話し合いをすることが大切であると思います。